jiwajiwa(news&column)
jiwajiwa(news&column)

News & Column

<心とからだ>経皮吸収と入浴剤

 

こんにちは、jiwajiwaの笠井です

 

突然ですが、

入浴剤の成分表示は見たことがありますか?

 

温熱効果を高める生薬由来の成分をはじめ、

着色料や香料といった

化学物質が含まれていることも。

 

石鹸やボディソープの成分もチェックしてみると、

合成界面活性剤やパラペン類といった化学物質が

成分として記載されています。

 

入浴剤も石鹸も、

毎日お風呂で私たちのからだに直接触れるもの。

 

成分表示で目にした化学物質は、

私たちの健康に影響はないのでしょうか。

 

皮膚から成分を吸収する「経皮吸収」

 

 

 

 

湿布薬や貼り薬で効果が出るのは、

有効成分が皮膚の毛穴や汗腺、細胞の間をとおって

体内に吸収されるからです。

 

このように、成分が皮膚から体内へ吸収されることを

「経皮吸収」といいます。

 

経皮吸収されるのは、

からだに良い成分だけではありません。

 

有害な化学物質も皮膚から吸収されてしまいます。

これを「経皮毒」といいます。

 

しかも経皮毒は、

10日かかっても1割程度しか排出されず、

残りは体内に蓄積されてしまうとも言われています。

 

医学的には経皮吸収された物質が、

何らかの病気の原因になると証明されてはいません。

 

ただ、経皮毒は肌荒れや湿疹だけでなく、

子宮筋腫や卵巣嚢腫を

招く可能性があるとも言われています。

 

からだの部位によって吸収率が変わる

 

経皮吸収は、からだの部位によって

吸収率が異なります。

 

腕の内側の吸収率を1とすると、

脇や頭皮はおよそ3.5倍、

頬は13倍、

そしてデリケートゾーンについては

なんと42倍にものぼります。

 

お風呂時間は経皮吸収しやすい

 

入浴のときには、

全身の皮膚が石鹸や入浴剤に触れます。

 

経皮吸収率の高い、

脇やデリケートゾーンも例外ではありません。

 

また、皮膚温度が10度から37度に上がると、

吸収量は10倍になるとも言われており、

入浴中は普段よりも経皮吸収しやすい状態です。

 

入浴剤の成分と経皮吸収

 

 

 

 

はじめに触れたように、

ほとんどの入浴剤には、

温泉や生薬由来の成分を応用したものから、

界面活性剤や香料、

着色料といった添加物まで含まれています。

 

特に、

PG(プロピレングリコール)という物質を

よく見かけますが、

細胞のすき間に入り込むほど分子量が小さく、

経皮吸収を促進させると言われています。

 

PGは入浴剤だけでなく、

化粧品や保湿剤など

たくさんの日用品に含まれているので、

一度チェックしてみてください。

 

また、液体入浴剤は腐敗しやすいので、

パラペンという防腐剤が使われることも。

 

パラペンは

アレルギーを誘発するとも言われています。

 

また、鮮やかな湯色も

入浴剤の楽しみ方のひとつですが、

湯色の変化は合成色素によるもの。

 

お風呂では、体中の皮膚が無防備になるのに、

さまざまな化学物質にさらされやすいのです。

 

便利なくらしと健やかなくらしのバランスをうまく取るには

 

 

 

 

入浴剤や石鹸といった

お風呂での経皮吸収の怖さを紹介しましたが、

添加物や化学物質を

完全にさけることは難しいですよね。

 

彩り豊かなお風呂や、

泡立ちのよいボディソープは癒やしにもなりますが、

これも化学物質のおかげです。

 

化学物質を避けることがストレスになると、

かえってからだに良くありません。

 

ただ、何も知らずに過ごすのと、

経皮吸収のことをしっかり知って過ごすのとでは、

じぶんを大切にできる度合いが違ってきます。

 

入浴剤や石鹸を選ぶときには成分に目を通してみる。

 

疲れたときやからだが弱っているときには

自然素材100%の入浴剤や石鹸で

からだをいたわってあげる。

 

そういったことで、

化学物質がもたらす便利さと

健やかなくらしとのバランスを

上手に取っていけたら、と思います。

 

=======================

ひのきの格別な香りにつつまれ

森のなかで過ごすようなバスタイムに

jiwajiwa「お風呂のハーブ」

奈良吉野のひのきは、こちら

http://shop.jiwajiwa.jp/?pid=121903644

 

 

 

=======================

 

合成香料・着色料・酸化防止剤を一切含まず

完全無添加

ほんのりひのきの香りが漂う

jiwajiwa奈良吉野ひのき石鹸は、こちら

http://shop.jiwajiwa.jp/?pid=133996505

 

 

 

=======================

~伝え手プロフィール~

jiwajiwa 笠井ゆかり

大阪育ち、東京在住、4歳の娘がいます

会社員時代鳥取に住み、魅力をたくさん知って

地域の自然のアイテムを手に取るようになりました

 

使いながら、かつて見た風景に思いを馳せ

ひとつひとつのモノ

そして自分ももっと大切にするようになりました

 

jiwajiwaのアイテムが

多くの人の

「自分をもっと大切にするきっかけ」になればと

日々活動しています

Information

jiwajiwaな、おうち
jiwajiwaな、おうち

● jiwajiwaな、おうち

薬草を体感できる場。お料理やワークショップなど。

〒639-3321 奈良県吉野郡吉野町三茶屋

気まぐれOpen(各種SNSから随時お知らせします)

● Online Shop

https://www.jiwajiwa.jp

ご注文はいつでも。発送は土日祝がお休み。

● お問合せ

jiwajiwa (運営:チアフル株式会社)

〒630-8044 奈良市六条西3丁目20-4-1

TEL : 0742-42-6268 FAX : 0742-90-1123

E-mail : info@jiwajiwa.jp