コラム

<コラムvol.12 > 手仕事だからこそ

2019.08.24


とても便利な現代社会では、
IT化や機械化が進んで効率よく暮らしていくことができています。

 

 

ものづくりの現場では、18世紀にイギリスで起きた産業革命後、
手工業から機械工業に。そして、大量生産の時代へと進みました。

エネルギー革命やモータリゼーションを経て車社会になり、
大規模な物流が可能になり、20世紀のIT革命によってPOSシステム
など効率のよい管理が可能となりました。

そんな時代に、世の中に流通している商品は、
効率よく大量に作ることができ、食料品も長持ちするものが多いです。
消費期限を長くするために、保存料や酸化防止剤など化学的な添加物が
たくさん含まれているものがたくさんあります。

 



そういった添加物の中には、日本の省庁の許認可を得ていたとしても、
発ガン性やアレルギーを引き起こす恐れがあるなど、
他国では規制対象になっていて安全性に疑いがあるものもあります。

また、製造原価を下げるために、安価な労働力の発展途上国で
生産が行われている商品もたくさんあります。たしかに買い手としては安い方がお財布にはやさしいかもしれませんが、国内の製造会社の産業を空洞化させ、回り回って自分たちの国の仕事がなくなるなど、首を絞めているような気もします。

 



1日24時間いつでも立ち寄れるコンビニは、便利ですが、
そのような目でふと見てみると、本当に心とからだが食べたいものって
どれだけあるのだろう、と考えてしまいます。

そんな時代の流れの反動もあってか、オーガニックや自然派などの
食品が増えてきたのも事実。化粧品やヘアケア商品なども同様です。

もちろん、便利で効率よい暮らしを捨て去ることもしづらく、
否定するわけではないのですが、なるべく添加物を加えず少量生産、
丹念で丁寧なものづくりを見直す動きがあるのも、わかる気がします。

 



そんな潮流の中で、jiwajiwaのものづくりはスタートしました。

微妙なさじ加減を実現できるは、手仕事。
でも、量産できないものが経済ベースに乗らないのも知っています。

機械化された大量生産ではない、手作りの一品ものや少量生産でない、
バランスよい絶妙な「中量生産」のプロダクトブランドを目指します。


「お風呂のハーブ」はほっこり可愛らしい巾着の形。
これは、手仕事でしか作れません。
現在は、障がい者・高齢者のスタッフが作業してくれています。



使い手・作り手・地域や未来によい愛のある、ものづくりを。

 

================================

  jiwajiwa「お風呂のハーブ」、詳しくはこちら
  http://shop.jiwajiwa.jp/?mode=cate&csid=0&cbid=2197717

================================

<コラムvol. 11 > 赤ちゃんとママが使える

2019.08.23

 

「子どもが生まれてから入浴剤を使わなくなった」という声をしばしば聞きます。



女性は、ママになってから食品や衣類・化粧品・洗剤まで
からだに直接、取り込まれるものから、お肌にふれるものまで、
化学的な添加物を気にするようになったり、オーガニックを志向するようになったりと、お買いものに関する意識が変わるということがあるようです。

小さなお子さんは、大人よりもお肌が敏感で安全・安心なものを
使いたいと思うのは当然のこと。子どもが健やかに成長することを祈る
にあたって、必然的な流れかと思います。

これまで気にしていなかった商品の裏面に書いてある「成分表示」や「原材料」の欄を確認するようになった、という方もよく聞きます。


jiwajiwaの「お風呂のハーブ」「無添加石鹸」など各種アイテムは、
奈良県産の自然素材と、合成成分など無添加にこだわっているため、
赤ちゃんやアトピーなど敏感肌の方も使ってくれています。

出産祝い・内祝い・ギフトにご活用いただく機会も多く、各種セットもご用意しています。のし紙やラッピングも対応しています。

●ギフトボックス
http://shop.jiwajiwa.jp/?pid=121781921

●お気軽セット
http://shop.jiwajiwa.jp/?pid=142733864

●出産祝いにオススメ!かわいいギフト専門サイト「Anny」よりjiwajiwaセット
https://anny.gift/products/2799/


お菓子の詰め合わせじゃ味気ない、好みの分かれるものは渡しづらいというお声が多い中、こだわったお風呂アイテムは重宝するとの意見も。

今秋からは、日本橋高島屋、そごう西武など首都圏の百貨店にて
カタログギフトや会員さま向けギフトのお取り扱いがあります。

ぜひ、jiwajiwaのギフトを、ご活用くださいませ!

<コラムvol. 10 > 体臭が気になる男性にも

2019.08.20

暦の上では立秋を過ぎましたが、まだまだ暑さが続きます。
この夏も、猛暑で汗がしたたる日々もあったのではないでしょうか。

そんなときに気になるのが… 体臭です!




汗をかくたび、シャワーをするわけにもいかないし、
市販の汗ふきタオルは、合成された香り成分やお肌に刺激のある物質を
ちょっと懸念してしまう方もおられるかもしれません。


また、妙齢の男性が加齢臭の対策をしすぎて、香水の匂いがキツイ…
なんてことも、ときにはあるのではないでしょうか。


そこで、オススメなのがjiwajiwa「奈良ひのき天然蒸留水」です。




 ●奈良ひのき天然蒸留水: http://shop.jiwajiwa.jp/?pid=143362286

様々な場面に使えるのが、特によいところ。
お部屋の空間に使うルームスプレー、安眠のため枕元に吹きかけるピローミストに、
シュッとお肌に、など、これ一つで色々と重宝するのです。



ひのきには、ヒノキチオール・フィトンチッドなどの成分が含まれており、
消臭・抗菌・収れんなどたくさんの効果があることがわかっています。


ここでは特に、爽やかな香りを身にまとう目的で、お使いいただくことをご提案します。

ひのきの樹木から抽出した水分だけなので、水道水も浄水も使っていません。
木々が大地から吸い上げた天然の水と、樹木から出た成分のみ、
なんと原材料は、「ひのき」のみです。

やさしい自然の香りは、赤ちゃんやペットがいるところでもお使いいただいています。

 ●奈良ひのき天然蒸留水: http://shop.jiwajiwa.jp/?pid=143362286



化学香料はもちろんのこと、天然精油なども加えていませんので、
やさしく後残りしないところがポイントです。

最近、アロマスプレーやディフューザーなど香りのアイテムをよく見かけますが、
アルコール・エタノール・界面活性剤が配合されているものも多く、
香りを強くするために香料や精油が含まれているものもたくさんあります。

それぞれに良さがあり、もちろん好みもありますが、
より自然派を志向するのであれば、こういった成分が入っていない方が
ゆるやかに、やさしい香りが漂って、自身にも周囲の方々にも嫌味がありません。





「汗をかいて体臭が気になったとき、スプレータイプの制汗剤や体拭き用ウェットタオル、
 香水につい頼ってしまうけど、強い匂いが気になってた…」という方、
ぜひ、jiwajiwaの「奈良ひのき天然蒸留水」をお試しください。


 ●奈良ひのき天然蒸留水: http://shop.jiwajiwa.jp/?pid=143362286






商品一覧


ギフトボックス

お風呂のハーブ セット

  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各1個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各3個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 2種類セット 各1個入セット

「奈良吉野のひのき」

「なら大和高原のゆず 吉野へいばらのレモングラス」

「なら深吉野のよもぎ 奈良高取の大和当帰葉」

>> ギフトボックスについて詳しく見る

チアフル株式会社

プライバシーポリシー   ©2017 チアフル株式会社