コラム

<コラムvol.12 > 手仕事だからこそ

2019.08.24


とても便利な現代社会では、
IT化や機械化が進んで効率よく暮らしていくことができています。

 

 

ものづくりの現場では、18世紀にイギリスで起きた産業革命後、
手工業から機械工業に。そして、大量生産の時代へと進みました。

エネルギー革命やモータリゼーションを経て車社会になり、
大規模な物流が可能になり、20世紀のIT革命によってPOSシステム
など効率のよい管理が可能となりました。

そんな時代に、世の中に流通している商品は、
効率よく大量に作ることができ、食料品も長持ちするものが多いです。
消費期限を長くするために、保存料や酸化防止剤など化学的な添加物が
たくさん含まれているものがたくさんあります。

 



そういった添加物の中には、日本の省庁の許認可を得ていたとしても、
発ガン性やアレルギーを引き起こす恐れがあるなど、
他国では規制対象になっていて安全性に疑いがあるものもあります。

また、製造原価を下げるために、安価な労働力の発展途上国で
生産が行われている商品もたくさんあります。たしかに買い手としては安い方がお財布にはやさしいかもしれませんが、国内の製造会社の産業を空洞化させ、回り回って自分たちの国の仕事がなくなるなど、首を絞めているような気もします。

 



1日24時間いつでも立ち寄れるコンビニは、便利ですが、
そのような目でふと見てみると、本当に心とからだが食べたいものって
どれだけあるのだろう、と考えてしまいます。

そんな時代の流れの反動もあってか、オーガニックや自然派などの
食品が増えてきたのも事実。化粧品やヘアケア商品なども同様です。

もちろん、便利で効率よい暮らしを捨て去ることもしづらく、
否定するわけではないのですが、なるべく添加物を加えず少量生産、
丹念で丁寧なものづくりを見直す動きがあるのも、わかる気がします。

 



そんな潮流の中で、jiwajiwaのものづくりはスタートしました。

微妙なさじ加減を実現できるは、手仕事。
でも、量産できないものが経済ベースに乗らないのも知っています。

機械化された大量生産ではない、手作りの一品ものや少量生産でない、
バランスよい絶妙な「中量生産」のプロダクトブランドを目指します。


「お風呂のハーブ」はほっこり可愛らしい巾着の形。
これは、手仕事でしか作れません。
現在は、障がい者・高齢者のスタッフが作業してくれています。



使い手・作り手・地域や未来によい愛のある、ものづくりを。

 

================================

  jiwajiwa「お風呂のハーブ」、詳しくはこちら
http://shop.jiwajiwa.jp/?mode=cate&csid=0&cbid=2197717

================================

jiwajiwaのLINE登録はこちら
jiwajiwaのLINE登録はこちら
← コラムの一覧に戻る

商品一覧


ギフトボックス

お風呂のハーブ セット

  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各1個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各3個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 2種類セット 各1個入セット

「奈良吉野のひのき」

「なら大和高原のゆず 吉野へいばらのレモングラス」

「なら深吉野のよもぎ 奈良高取の大和当帰葉」

>> ギフトボックスについて詳しく見る

チアフル株式会社

プライバシーポリシー   ©2017 チアフル株式会社