コラム

<コラムvol. 9> 多様な雇用を生む

2019.08.19


jiwajiwa「お風呂のハーブ」の製造工程には、
障がい者と要介護高齢者のスタッフが携わってくれています。

「お風呂のハーブ」は、使っているとき見た目も可愛いかたちがいい、と
あれこれ試行錯誤した結果、ほっこりした巾着状にたどり着きました。





既製品の袋を探しましたが、サイズと生地の風合いが折り合わず、
専用の巾着をオリジナルの規格で製造することになりました。

上部を屏風折りにするとき、紐を結ぶときなど作業の規定も決めています。
この作業の機械化がむずかしく、手仕事でつくるしかないのです。

そこで、まずは障がい者の方々にお願いすることにしようと考えました。

jiwajiwaの代表 松本は、幼少期、ずっと母親がボランティアをしていた
福祉施設が遊び場でした。物心がついた頃から、障がいのある方々が身近にいて、
社会の多様性、働くことの多様性を、自然と考えるようになっていました。

「わたしのものづくりには、わたしが目指す社会のあり方を体現したい!」
少し大げさなのですが、そんな風に思ってjiwajiwaの構想をお話したところ、
奈良県の社会福祉法人に協力を得られることになりました。





軽度の知的障がいのある5〜6名の方々が中心になって取り組んでくれていますが、
みなさん手先が器用で集中力があり、とても高品質な商品づくりに貢献してくれています。


jiwajiwa「お風呂のハーブ」は、このような丁寧な手仕事に支えられて、
大阪・梅田では阪神百貨店梅田本店7階リセットタイムコーナーに常設してもらったり、
東京・日本橋高島屋でもお取り扱いいただいたりと、少しずつですが好評価を得て、
販売先が増えるとともに、製造数も増えてきました。


最近では、奈良県内の高齢者施設と提携して、要介護高齢者の方々が
「お風呂のハーブ」づくりにチャレンジしてくれています。



80〜90代の人生の先輩たちは、「もっとこうすれば良くなる」と知恵を貸してくれます。
そして、「みなさんの役に立てるのなら」と手を動かしてくださるのです。



jiwajiwaでは、経理や発送の業務などには在宅ワークのスタッフもいます。
出産後に子育てをしながらであったり、自身も起業しているフリーランスだったり。
個々人のライフステージや特性・技能に応じて、画一的な働き方ではなく
フレキシブルに、多様な働き方を促進できたらと考えています。


そして、何より、お金を稼ぐためだけの作業ではなく、
ものやサービスを提供する先に、社会全体が少しでもより良い方に向かい、
もちろん社会を構成する一人ひとりが感じる幸せが、少しでも増えたらいいな、と。


そのためにも、働き方の多様性に取り組んでいきたいと思っています。

jiwajiwaのLINE登録はこちら
jiwajiwaのLINE登録はこちら
← コラムの一覧に戻る

商品一覧


ギフトボックス

お風呂のハーブ セット

  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各1個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各3個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 2種類セット 各1個入セット

「奈良吉野のひのき」

「なら大和高原のゆず 吉野へいばらのレモングラス」

「なら深吉野のよもぎ 奈良高取の大和当帰葉」

>> ギフトボックスについて詳しく見る

チアフル株式会社

プライバシーポリシー   ©2017 チアフル株式会社