コラム

<日々のくらし>暦のうえでは夏

2021.05.07

 

こんにちは、jiwajiwaの塚本です。

 

立夏を過ぎ、気温が高い日もふえてきました。

暦のうえではもう夏です。

この時期は、気温は真夏ほど高くはないですが

太陽の光が1年でもっとも強い時期で

”光の夏”とも呼ばれているのだそう。

太陽光をたっぷりと浴びて、草木の緑が

深まっていくのですね。

 

立夏は七十二候では3つに分けられています。

 

・蛙始鳴(かわずはじめてなく)

 カエルが鳴き始めるころ(5月5日頃)

 

・蚯蚓出(みみずいずる)

 みみずが地上に出てくるころ(5月10日頃)

 

・竹笋生(たけのこしょうず)

 たけのこが生えてくるころ(5月15日頃)

 

田んぼの近くで、カエルの鳴き声が聞こえ

子どもがてんとう虫やみみずを見つけて大騒ぎ。

大きな筍をもらって、たけのこご飯を作ったり。

暦の名称には、まさに季節ごとの日常生活が

反映されているのですね。

 

 

 

梅雨の前の爽やかな季節。

夏の準備もしておきたいところ。

お天気が良い日が多い今は、

シーツなどの洗濯にも最適。

衣類や、シーツやカバーなどを夏仕様にすることで

気分もすっきりします◎

 

 

=================

伝え手プロフィール

 

jiwajiwa   塚本  佳(つかもと けい)

京都出身、9歳と4歳の娘がいます。大阪・東京で

会社勤めをしていましたが、

結婚をきっかけに奈良に引っ越してきました。

リネンやお香が好き。


家族でゆっくり食卓を囲むとき、ほっこりした気分に

なって幸せだなぁと感じます。

 

================

 

jiwajiwaのLINE登録はこちら
jiwajiwaのLINE登録はこちら
← コラムの一覧に戻る

商品一覧


ギフトボックス

お風呂のハーブ セット

  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各1個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各3個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 2種類セット 各1個入セット

「奈良吉野のひのき」

「なら大和高原のゆず 吉野へいばらのレモングラス」

「なら深吉野のよもぎ 奈良高取の大和当帰葉」

>> ギフトボックスについて詳しく見る

チアフル株式会社

プライバシーポリシー   ©2017 チアフル株式会社