コラム

<心とからだ>冷え性のタイプと改善法

2020.11.20

 

 

こんにちは、jiwajiwaの笠井です

 

冷え性とひとことでまとめても

手足の先が冷える人、

お腹が冷える人など様々なタイプがあります

 

また、タイプごとに原因や改善方法も異なります

 

冷え性を改善するためには

じぶんの冷え性のタイプと

改善方法を知っておくことがおすすめです

 

冷え性のタイプ4つ

 

 

 

 

冷え性には大きく分けて4つのタイプがあり

特徴はもちろん、

冷えを引き起こす原因もそれぞれちがいます

 

じぶんがどのタイプに当てはまるのか、

ぜひチェックしてくださいね

 

四肢末端型

 

四肢末端型は、10~20代で

やせ型の女性に多いタイプです

 

また、食事制限をともなう

ダイエットをしている人にも見受けられます

 

<特徴>

・手足とその末端が冷える

・冷えと同時に肩こりや頭痛をかんじやすい

・爪がおれやすい

 

食事量がすくなく運動不足だと、

交感神経が過剰にはたらきます

 

すると末端の血管が収縮してしまい、

手足の先が冷えてしまうのです

 

下半身型

 

腰から下が冷えやすいのが下半身型の特徴です

 

男女問わず30代以降のひと、

特にデスクワークのひとに多く見られます

 

<特徴>

・手は温かいのに足が冷たい

・寒いところでは、まずふくらはぎや足先が冷える

・上半身に汗をかきやすい

 

デスクワークで長時間座ったままだったり、

足を組んだりすると、

お尻やふくらはぎの筋肉が固まり、

下半身の血行が悪化し、

冷えの原因となってしまいます

 

さらには血行不良で

おしりや太ももの老廃物が

セルライトという塊となってしまい

血の巡りをさえぎってしまうんです

 

内蔵型

 

30代以降の女性に多くみられるのが内臓型

 

ぽっちゃり型の人やよく食べる人も、

実はこのタイプの冷え性だった

ということもあるんですよ

 

<特徴>

・手足やからだの表面はあたたかいのに、

   お腹が冷える

・寒いところでは下腹部や太もも、二の腕が冷える

・全身に汗をかき、汗で冷えることが多い

・冷えと同時にお腹が張る

 

交感神経の働きが弱く、

手足の先の血管の収縮ができなくなるため

内臓に血液を集められずに冷えを起こしています

 

お腹を下しやすくなったとか、

風邪を引きやすくなったという不調を感じたら

もしかするとこの冷え性かもしれません

 

全身型

 

全身型は季節問わず体温が低く、

冷えを感じるタイプです

 

若者や高齢者に多いですが、

年中冷えを感じているので

自覚症状がない人がほとんどです

 

<特徴>

・季節や天候問わず冷えを感じる

・手足の先も、お腹も冷えやすい

・いつもからだがだるい

 

生活習慣の悪化やストレスで

基礎代謝が悪くなっているのが主な原因です

 

また、運動や食事量の不足で

熱をつくる筋力が少ないうえ、

エネルギーも不足していることも

冷えを引き起こす原因と考えられます

 

冷え性のタイプ別改善法

 

 

 

 

じぶんの冷え性のタイプは分かりましたか?

 

冷え性のタイプごとに、

効果的な改善方法を紹介します

 

全タイプ共通の改善方法

 

・適度な運動

ウォーキングなどの全身運動は、

冷え性改善に効果的です

 

でもまとまった時間を取れない

というひとも多いですよね

 

そんな場合は歩く際に腕を大きく振って、

大股で歩くだけでも全身運動になりますよ

 

・湯船につかる

お湯に浸かると血行も新陳代謝もよくなり、

体温を上げることができます

 

できればからだを洗う前に、

41~42℃のお湯に首まで5分間

しっかりつかりましょう

 

その後胸まで5分つかり、

からだを洗った後も1~2分

お湯につかるのがおすすめです

 

時間がないという人も、

週に1~2回だけでも湯船につかるといいですよ

 

四肢末端型の改善方法

 

四肢末端型は

食事不足が原因となっていることが多いので、

まずはきちんと食事を取って

熱を作り出せるからだを作ることが大切です

 

特に熱を生むタンパク質を

意識して摂るようにしましょう

 

また、黒酢足湯もおすすめです

お湯2Lに黒酢200mlを入れて足湯をしてみてください

 

黒酢のミネラルの保温効果であたたまりますし、

解毒作用で新陳代謝を高めることができます

 

下半身型の改善方法

 

下半身型の冷え性は、

下半身の筋肉が固まっているのが原因です

 

お尻の筋肉をほぐす

ストレッチをおこなってみましょう

 

梨状筋というお尻の筋肉をほぐせば

血流改善が期待できます

 

また、下半身を冷やさないような服装を

心がけることも大切です

 

内臓型の改善方法

 

内臓型冷え性の人も、

適切な食事量を心がけてみてください

 

食事量が少なすぎても冷えにつながりますが、

多すぎても発汗してからだを冷やしてしまいます

 

内臓を温めるためには、

白湯を飲む習慣をつけるのもおすすめです

 

1Lのお湯を沸騰させたあと、

40~50℃程度まで冷まし、

保温ポットに入れて持ち歩きましょう

 

内臓からしっかりあたたまり、

血の巡りも改善しますよ

 

全身型の改善方法

 

しっかり食事をとり、十分な睡眠を取るなど、

まずはくらしを整えることが大切です

 

また、散歩やストレッチなどの運動を取り入れて、

少しずつ筋肉をつけ、

からだの内側から温めるようにしましょう

 

また、全身型の人はからだの内だけでなく

外も冷えているので、

食事や運動で体内を温めるだけでなく、

重ね着などでからだの外からもあたためるよう

心がけることも大切です

 

じぶんのタイプに合った方法で冷え性を改善しよう

 

 

 

 

辛い冷え性にも、

ひとそれぞれ色々なタイプがあります

 

じぶんの冷え性のタイプをしって、

ぜひ効果的な方法で冷え性を改善してくださいね

 

なお、冷え性は運動や食事など

生活習慣をただすことで改善されるものです

 

2~3日だけ対策してみるのではなく、

日々のくらしの中に対策を取り入れて

毎日つづけることで、

冷えのない快適な日々になるはずですよ

 

=======================

からだを芯からあたためて巡りをよくする、

jiwajiwa「お風呂のハーブ」

よもぎ・大和当帰葉は、こちら

http://shop.jiwajiwa.jp/?pid=121903716

 

 

=======================

~伝え手プロフィール~

大阪育ち、東京在住、4歳の娘がいます

会社員時代鳥取に住み、魅力をたくさん知って

地域の自然のアイテムを手に取るようになりました

 

使いながら、かつて見た風景に思いを馳せ

ひとつひとつのモノ

そして自分ももっと大切にするようになりました

 

jiwajiwaのアイテムが

多くの人の

「自分をもっと大切にするきっかけ」になればと

日々活動しています

 
jiwajiwaのLINE登録はこちら
jiwajiwaのLINE登録はこちら
← コラムの一覧に戻る

商品一覧


ギフトボックス

お風呂のハーブ セット

  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各1個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各3個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 2種類セット 各1個入セット

「奈良吉野のひのき」

「なら大和高原のゆず 吉野へいばらのレモングラス」

「なら深吉野のよもぎ 奈良高取の大和当帰葉」

>> ギフトボックスについて詳しく見る

チアフル株式会社

プライバシーポリシー   ©2017 チアフル株式会社