コラム

<インタビュー> そっと寄り添う鍼灸師、長谷川さん・神谷さん

2020.04.17

jiwajiwa(じわじわ)の名前には、植物の力をゆっくり感じてもらえたら、という想いを込めています。このコラムでは、jiwajiwaのように、じわじわと丁寧に着実に日々活動されている人たちをご紹介します。

 

今回は、しっかり一人ひとりの心身と向き合うことで、健康を支える鍼灸師さんたち。

からだがだるい、疲れが取れにくい、といった慢性的な不調といわれる「未病」から悪化して「病気」にならないように、患者さんの体調や心の状態、暮らしのあり方にそっと寄り添っているヤマナカグループの鍼灸師、長谷川さんと神谷さんにお話をお聞きしました。

 



—jiwajiwa「お風呂のハーブ」を使っていただいたとか。どんな印象でしたか?

 

長谷川:袋を開けると、一般的な入浴剤は、粉末や錠剤が多いですが、まったく違ったのでビックリしました。実際にお湯をはってみると、ほのかなやさしい香りだったので、「正直これでいいの?」と不安に思うくらいでした。市販の入浴剤は鮮やかな色・強い匂いのものが多いので、「お風呂のハーブ」はむしろ物足りないくらい。笑 でも、わたしは市販の入浴剤でお風呂の排水管が傷めたことがあって…これは大丈夫そうだと感じて、「市販の入浴剤は排水管も傷めちゃうくらい強い成分が入っているから、お肌にも良くないはず。きっと、jiwajiwaのようなやさしいものが安心なんだな。やさしさにからだを寄せていかないといけない気がする」と、改めて気づいたんです。

 

—外食の濃い味はクセになるけど、実は減塩のお味噌汁などの方が健康にはよくて、はじめは物足りないけど、続けていくとからだが良くなっていく、みたいな感じ?

 

神谷:そうそう。買ってもらうためにリピートしたくするには、強い使用感が大事なんですよね。はじめは物足りないと感じるんだけど、そっちの方が本当は健康によくってからだが楽になっていく、きっと調子がよくなっていく、使い続けた方が良さがわかるはす、と思いました。

 

—どんな方にオススメしたいですか?


神谷:シニアの方々、おじいちゃん・おばあちゃんはよろこぶと思います。あとは、出産祝いなど赤ちゃんができたお母さんや子育て中のお母さんにはすすめたいかも。生活を見直すタイミングにギフトにしたい。わたしも子どもがいるんですが、子どもが入浴剤が好きで、たまに入れるんです。でも、市販の入浴剤はすごく合成した着色料がたくさん入っているので、わたしはちょっと嫌なんですよね。笑

 

長谷川:病気になった人や退院祝いにもよさそうです。これまでの暮らしに見直すことになるので。こんなやさしいものが、からだにいいよ、って。気づくきっかけになりそう。


-jiwajiwaは、「余白の時間」をお届けしたいという想いを込めた活動なのですが、お二人が日々の暮らしのなか大切にしている一息つく時間を教えてください

 

長谷川:晩ごはんを食べてから、飲み物を飲みながらぼーっとする時間ですね。その飲み物は、お茶だったりお酒だったり日々変わるのですが。お菓子を食べるひとときは幸せですね。夏はアイスクリーム、冬はチョコレートを食べることが多いかな。

 

神谷:えー!鍼灸師が夜にお菓子食べたらダメー!笑

わたしは朝起きてからお白湯を飲みますね。あとは、寝る前に、息子に絵本を読みながらラブラブするのですが、そのひとときを大事にしてます。友人の話ですが、寝る前にストレッチする、とか瞑想する、とか工夫している人はいるみたいです。



長谷川:みんな意識高いなぁ…

 

−そんなお二人は、鍼灸にあたり心がけていることはありますか?

 

長谷川:わたしは中高年の男性のお客さんが多いのですが、特に会社で役職を持っておられた方もいらっしゃって、仕事モードが強くて自分を出すのが苦手な方もいて。何気ない会話をしやすい雰囲気づくりに努めてますね。気持ちをほぐすことで、からだの緊張もほぐれやすくなると思うんです。

 

神谷:東洋医学やってる人・興味ある人って、 がんばりすぎてしまう人が多いんです。こうしなきゃ、ああしなきゃ、って。理想はあるんですが、あまり目標を高く持ちすぎずに日常のちょっとした習慣をリセットしていくことで、元気に長生きできるようにしたい、と。特別なときに会うのでなくて、いつも会える自然と寄り添える存在でいれるよう心がけていますね。長い目でみて本当にその人にいいサービスを届けたくて、jiwajiwaの商品にある考えとつながるな、と感じています。

 

 

飾らないお人柄で、つい身も心もゆだねたくなる長谷川さん。神谷さんは、健康的な生活を体現されていて、からだの困りごとを相談したくなりました。心のよりどころとなり、からだも整えてくれる、鍼灸師のお二人。

 

より心身が健やかな日々を送りたいと感じたら、ちょっとした毎日の習慣をリセットするために、jiwajiwa「お風呂のハーブ」を試してみたり、長谷川さん・神谷さんを訪ねてみたり、というのもよいかもしれません。

 

————————————————————————————————————————

 

○長谷川さん・神谷さんがはたらく『ヤマナカグループ』のこと


「0歳から100歳まで、すべての人に喜びを」を理念に、鍼灸・カイロ・美容・ヨガ・トレーニングなど様々なアプローチからカラダのお悩みを解決しています。出てしまった症状をよくするだけでなく、悪くなる前に毎日の習慣でからだを整える予防医学の考えを大切にされています。

 

○山中鍼灸整骨院 東大阪本院 
http://yamanakain.com/yamanaka-shinkyu/

○山中鍼灸整骨院 新町院(大阪市西区新町)
http://yamanakain.com/yamanaka-shinmachi/

○BODY WORKS(大阪市西区新町)
http://yamanakain.com/body-works/

○Yamanaka 34(奈良 新大宮)
https://www.facebook.com/Yamanaka34

 

————————————————————————————————————————

jiwajiwaのLINE登録はこちら
jiwajiwaのLINE登録はこちら
← コラムの一覧に戻る

商品一覧


ギフトボックス

お風呂のハーブ セット

  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各1個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各3個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 2種類セット 各1個入セット

「奈良吉野のひのき」

「なら大和高原のゆず 吉野へいばらのレモングラス」

「なら深吉野のよもぎ 奈良高取の大和当帰葉」

>> ギフトボックスについて詳しく見る

チアフル株式会社

プライバシーポリシー   ©2017 チアフル株式会社