コラム

<植物のちから> さざんか

2020.02.07

花が少なくなる冬、生垣などで花を咲かせ楽しませてくれるさざんか

童謡「たき火」の歌詞にもでてくる、冬の代表的な花ですね

 

 

椿と似ていますが、ツバキ科の中で、さざんかだけが日本原産で

江戸時代にヨーロッパに伝わり、学名も英名もさざんか(Sasanqua)です

 

 

さざんかのほうが、椿より花がすこし小さいということや、

葉の周りがぎざぎざとしているなどの違いがありますが、

よく知られているのは花が終わるときに椿は花ごと落ちるのに対して

さざんかは花びら一枚ずつ散るということではないでしょうか

 

さざんかは「散る」、椿は「落ちる」

 

戦国時代には、花ごと落ちる椿は「首が落ちる」を連想させるため

縁起が悪いとされたこともあるそうです

日本語の表現の豊かさゆえですね

 

冬の散歩道、葉の違いや花びらの落ち方の違いなどを

発見しながら歩くのも楽しいですね

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【今日の植物】 さざんか

 

学名:Camellia sasanqua Camellia

ツバキ科の常緑小低木

日本特産の高さ2〜5mの常緑小低木。秋から冬にかけ枝先に5〜8㎝の花を咲かせます。

椿の中国名である“山茶花”が“さざんか”の名前として定着しました。

冬の季語として歌にも詠まれているように、古来から親しまれてきた庭木。その実からはさざんか油が抽出できます。薬局などで見られる椿油の一種で、保湿効果があります。

日本原産の花で、赤やピンクがよく見られますが、原種は白い花です。

 

 

効果:保湿(果実からとるさざんか油)

花言葉:困難に打ち勝つ、ひたむきさ

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

jiwajiwaのLINE登録はこちら
jiwajiwaのLINE登録はこちら
← コラムの一覧に戻る

商品一覧


ギフトボックス

お風呂のハーブ セット

  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各1個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各3個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 2種類セット 各1個入セット

「奈良吉野のひのき」

「なら大和高原のゆず 吉野へいばらのレモングラス」

「なら深吉野のよもぎ 奈良高取の大和当帰葉」

>> ギフトボックスについて詳しく見る

チアフル株式会社

プライバシーポリシー   ©2017 チアフル株式会社