コラム

<植物のちから> たんぽぽ

2020.02.14

今年の冬は寒さがおだやかですね

ここ数日のあたたかさのせいか、娘との散歩道にたんぽぽが咲いていました

 

まだまだ緑の少ない地面に、あざやかな黄色

すこし早く咲いてしまったその花が、春のおとずれを教えてくれているようで

思わず親子でにっこり

 

 

たんぽぽは春の花としてよく知られていますが、実は生薬でもあるのです

 

蒲公英根(ぼこうえいこん)といって、たんぽぽの根を乾燥させたもので、健胃、利胆、解熱、強壮など多くの目的で広く用いられています

たんぽぽの根を乾燥させて煎じたお茶は古くから飲まれていたそうです

 

身近なお花であるたんぽぽは、昔から生薬としても親しまれていたんですね

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【今日の植物】 たんぽぽ

 

学名:Taraxacum hondoense

キク科タンポポ属の多年草

道ばたや野原、草原に多く分布。Taraxacumは、ギリシャ語を起源とする「苦痛を癒やす」という意味に基づています。生命力の強い植物で、アスファルトの裂目から生えることもあります。春を象徴する代名詞のように使われ、俳句や連歌で春の季語として詠まれてきました。日本の在来種には、カントウタンポポなど20種ほどがありますが、ヨーロッパから帰化したセイヨウタンポポが多くを占めるようになってきています。

 

効果:健胃、利胆、解熱、強壮(生薬として)

花言葉:再会の夢、別離

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

jiwajiwaのLINE登録はこちら
jiwajiwaのLINE登録はこちら
← コラムの一覧に戻る

商品一覧


ギフトボックス

お風呂のハーブ セット

  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各1個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各3個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 2種類セット 各1個入セット

「奈良吉野のひのき」

「なら大和高原のゆず 吉野へいばらのレモングラス」

「なら深吉野のよもぎ 奈良高取の大和当帰葉」

>> ギフトボックスについて詳しく見る

チアフル株式会社

プライバシーポリシー   ©2017 チアフル株式会社