コラム

<日々のくらし>”若草山の山焼き”の炎をながめて

2020.01.23

jiwajiwaの塚本です

大寒を過ぎると、“若草山の山焼き”の日が近づいてきます

 

山焼きと同じ日、春日大社の大とんどもおこなわれ、春日大社におさめられた古いお守りや、お正月飾りを焚き上げ無病息災をお祈りします

 

奈良公園の飛火野に大きな炉をつくり、そこで焚き上げるため、炎の高さは5メートルにもなるそうです

 

その炎は、神聖なもので夜におこなわれる“若草山の山焼き”の種火となるのだとか

 

 

“若草山の山焼き”は、奈良に早春を告げる伝統行事

大とんどの種火が点火され、山が炎につつまれ、その炎で夜空が真っ赤にそまります

 

山焼きが行われる1月は、奈良でも一番寒い季節

わたしはベビーカーに乗せた子どもが寒くないようにと毛布を重ねて

たくさんの人の波をかきわけながら春日野園地を目指します 

 

地域の伝統行事を少しでも体感させたくて

大きくなったら奈良好きな子に育ったらいいなと願いながら 

 

山全体が燃え始めて1時間ほどすると炎は小さくなります

黒くこげた若草山を見ると、冬の終わりを感じ

春に向けて心がはずむのです

 

 

===================================

伝え手プロフィール

 

jiwajiwa   塚本  佳(つかもと けい)

京都出身、7歳と3歳の娘がいます。大阪・東京で会社勤めをしていましたが、

結婚をきっかけに奈良に引っ越してきました。リネンやお香が好き。


家族でゆっくり食卓をかこむとき、ほっこりした気分になって幸せだなぁと感じます。

 

===================================

jiwajiwaのLINE登録はこちら
jiwajiwaのLINE登録はこちら
← コラムの一覧に戻る

商品一覧


ギフトボックス

お風呂のハーブ セット

  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各1個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各3個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 2種類セット 各1個入セット

「奈良吉野のひのき」

「なら大和高原のゆず 吉野へいばらのレモングラス」

「なら深吉野のよもぎ 奈良高取の大和当帰葉」

>> ギフトボックスについて詳しく見る

チアフル株式会社

プライバシーポリシー   ©2017 チアフル株式会社