コラム

<植物のちから Vol.1 > 大和当帰(やまととうき)

2020.01.17



奈良県では「大和当帰」という薬草の栽培が盛んで、jiwajiwaでも大和当帰葉を使ったお風呂のハーブは人気の商品です。





当帰は古くから婦人薬として親しまれ、冷え性・貧血・生理不順・更年期障害の改善に効果があります

根っこは薬として漢方薬に使用されますが、葉や茎の部分は食べることができます。セロリやパクチーのような独特な香りと風味を持ち、ハーブとして料理やお菓子のアクセントに使われています

少しクセはありますが、お茶やお風呂の入浴料などは日々の生活の中に取り入れやすいのも魅力です。

植物のちからで巡りをよくし、からだの先までぽかぽかに冬の寒さを乗り切りたいですね


——————————————————————


【今日の植物】 大和当帰(やまととうき)

Angelica acutiloba
セリ科シシウド属の多年草。

その根を乾燥させた「当帰」は、多くの漢方薬や生薬製剤に使われる重要な生薬の一つで  ある。トウキにはヤマトトウキとホッカイトウキの2系統があり、ヤマトトウキの方が品質が良いとされている。特に五條市の大深産のものが良品とされていたが、現在では、吉野地方でわずかに栽培されているだけになっている。

効果:冷え性・貧血・生理痛・生理不順・血行促進


—————————————————————— 

jiwajiwaのLINE登録はこちら
jiwajiwaのLINE登録はこちら
← コラムの一覧に戻る

商品一覧


ギフトボックス

お風呂のハーブ セット

  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各1個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各3個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 2種類セット 各1個入セット

「奈良吉野のひのき」

「なら大和高原のゆず 吉野へいばらのレモングラス」

「なら深吉野のよもぎ 奈良高取の大和当帰葉」

>> ギフトボックスについて詳しく見る

チアフル株式会社

プライバシーポリシー   ©2017 チアフル株式会社