コラム

<コラム Vol.44> ゼロから創り出す強さ。

2020.01.01

あけましておめでとうございます。jjiwajiwa代表の松本です。
新春早々、起業家精神のある仲間を探しています、というお話です。

年末に、大学時代からの友人と情報交換する機会が得られました。東京の大手企業で働いている彼女に、「jiwajiwaの取り組みに賛同してくれて楽しく取り組めそうなら先々一緒に活動してほしい」と口説いてみたところ、先々を見据えて準備をしていている彼女から好意的な反応をもらって何だか面白くなってきた今日この頃です。

彼女が「先々を見据えて準備している」というのは、そう遠くない将来に副業の解禁されると考えているということ。日本は人口減が進み各業界の市場が縮小することが予測されるなか、資本力がある上場企業などではAIが積極的に導入していたり、と勤務している会社の仕事量も絶対に減ることがわかりきっていて、上場企業が副業OKとなるニュースなどからも伺えるように大企業の安定雇用・終身雇用は確実に揺らぐことに危機感を覚えながらも適応していきたい、と彼女は言うのです。

たしかに。

10年後・20年後になくなる仕事ランキングが予想されていたり、一般職・事務職の仕事はなくなるとも言われています。大企業で細かく役割分担された業務範囲の中で仕事をこなしているのでは、生きる力は極めて乏しいと言えると思います。起業やベンチャー企業の仕事に携わることを手放しに推奨するわけではないのですが、そういった取り組みにチャレンジしてみるのは、とても有意義だと思います。

小さな事業の規模感で、入口から出口までを含む事業全体(例えば jiwajiwaであれば、商品開発・生産・物流・広報・販路までの一連の流れに加えて、経理・法務といった管理業務や、資金調達・経営計画策定など)を把握するのは、商売の基本を知る貴重な機会です。

設定した目標を達成するために、手段を検討して、しばらくやってみて効果測定して改善する、といったPDCAサイクルを、こっちの分野でこうしたからあっちの分野で成果が出た/出なかったと単に数値で把握するだけでなく肌で感じながら実行できるのですから。これは、過去のわたしがそうだったように大企業で働いていては、なかなか実感できないように思います。




東証一部企業などは、戦後の資本主義経済の中で、「停滞は後退」との考えゆえに拡大路線をとるところが多く、継続成長やM&Aで大きく膨れ上がり機動力が落ちていたり新しいことを始めにくかったりといった課題が多いと思います。一方で、日本の市場規模の縮小やAI台頭によって終身雇用が維持できなくなっていきます。

これからは「個」の時代。個々人がしっかりと自立して、本当に価値ある事業を提供することで、その結果としてお金を得ることが求められるはずです。そこに細かな役割分担と、決められた業務範囲はないと思うのです。

jiwajiwaは、事業を支えてくれる二番手・三番手を探しています。将来を見据えて、幅広く多岐にわたる事業全体に携わり、起業家精神をもって共に歩んでいける可能性がある方々と、今から少しずつ信頼関係を築き、ビジョンと時間を共有していきたいと考えています。そこに定型の雇用のかたちはありません。お互いの状況や提供できる価値を話し合いながら、よい落としどころで決めていくべきと考えています。ゼロから創り出す、強さ。です。

ちょっと硬くマジメで長い内容になってしまったのですが、どうせ仕事をするなら社会にとってよい事業を提供したい・楽しく真剣に誠意をもって仕事したい、という価値観の仲間を探している、ということでした◎

jiwajiwaのLINE登録はこちら
jiwajiwaのLINE登録はこちら
← コラムの一覧に戻る

商品一覧


ギフトボックス

お風呂のハーブ セット

  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各1個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 3種類セット 各3個入セット
  • 大和の素材のバスハーブ 2種類セット 各1個入セット

「奈良吉野のひのき」

「なら大和高原のゆず 吉野へいばらのレモングラス」

「なら深吉野のよもぎ 奈良高取の大和当帰葉」

>> ギフトボックスについて詳しく見る

チアフル株式会社

プライバシーポリシー   ©2017 チアフル株式会社